切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPら行 ≫ ラムズイヤーのベストシーズン

ラムズイヤーのベストシーズン

 庭を見ていたら、ラムズイヤー(学名:Stachys byzantina、英名:lamb's-ear、和名:ワタチョロギ、シソ科イヌゴマ属、常緑多年草)がいい感じだったので…。
 ふつうなら花の時期に記事にするところですが、ラムズイヤーは蕾の時期のほうがきれいな気がします。

 今くらいの時期が、毛?の色艶も、手触りも最高…。ラムズイヤー(子羊の耳)って、ぴったりの名前…。
ラムズイヤー

 なんだか、スタイルのいい白いパイナップル軍団のようでもありますが、庭の他の緑のなかで、抜群の存在感…。見ていて落ち着くし、なんだか心地いい…。
ラムズイヤー

 上から見ると、けっこう規則正しい形だったりもして…。
ラムズイヤー

 白い粒々から、1つ2つ赤紫の花が咲きだしていたりもしますが、もうしばらく、白いままでいてほしいな、と思うのです。
 *花の写真はこちら→この子も咲きます、シルバーリーフの花たち

 この記事の写真を見せたら、家族が「モウ(モウズイカ)ちゃんだ!」と、大喜び…。モウちゃんじゃ、ありませんから…。うちの家族、先日はベニウツギを見て、「アセビ!」、その前はワサビの花を見て、「コデマリ!」…。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

Comment

Re: 椎たけ夫さん
編集
椎たけ夫さん、こんばんは。
けっこう毛深いでしょw
これが触ると気持ちいい。今日は花茎を切って、干しました。
ドライフラワーにしようかと。
地下には、ねじまきありません…w
ラムズイヤーの近くにチョロギもあるんだけど、
ラムズイヤーは蒸し蒸しシーズンにはおとなしくなるけど、
チョロギは春から元気いっぱいだね。
庭のは撤収したはずだったが、大きくなって帰ってきたみたい…。
2016年05月26日(Thu) 21:32
No title
編集
ケッコ―毛だらけ、こいつも毛だらけ。
綿チョロギって和名がすごいですね。
地下にはあのねじまきが埋まっているんですかい?
2016年05月26日(Thu) 19:47












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ